このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

#1 起業まで ”起業は失うものは何もなく、プラスしかない"

プロフィール

  • 株式会社Selan 樋口亜希さん
  • 日本、アメリカ、中国、韓国で幼少期と大学時代を過ごす。北京大学国際関係学部を卒業後、リクルートホールディングスを経て、株式会社Selanを創業。
    バイリンガル講師による「お迎え」×「英語家庭教師」のお迎えシスターを立ち上げ。バイリンガル講師による「お迎え」×「英語家庭教師」のお迎えシスターを立ち上げ。2021年より、ハーバード大学公共政策大学院、オックスフォード大学MBAに在籍しながら経営を続け、2022年11月、マネックスグループへの参画をターニングポイントに、さらなる事業拡大を目指す。
  • 日本、アメリカ、中国、韓国で幼少期と大学時代を過ごす。北京大学国際関係学部を卒業後、リクルートホールディングスを経て、株式会社Selanを創業。
    バイリンガル講師による「お迎え」×「英語家庭教師」のお迎えシスターを立ち上げ。バイリンガル講師による「お迎え」×「英語家庭教師」のお迎えシスターを立ち上げ。2021年より、ハーバード大学公共政策大学院、オックスフォード大学MBAに在籍しながら経営を続け、2022年11月、マネックスグループへの参画をターニングポイントに、さらなる事業拡大を目指す。

このセクションでは、どのようにして事業アイデアに出会ったのか、またそのアイディアのビジネスポテンシャルを検証していったのかを聴いていきたいと思います。


この記事に書いてあること

  • 起業までの道のり ”原体験をサービスへ” 
  • 起業のきっかけ ”エンジェル投資家との出会い、そして親の反対”
  • いざ創業 ”相談役やトライ&エラー”
  • 今振り返ってみて ”ひとりでの創業か、複数人での創業か”

 


Q. ではまず起業までの道のりを教えてください

A. 大学を卒業してからまずはリクルートホールディングスに就職しました。女性の管理職の方々も多く、その中でいろいろな働く女性と出会う機会がありました。自分も両親が共働きの家庭で育ちましたが、改めて共働き家庭の抱える悩みが世界共通であることに気づき、そういった共働きの方やその子供をサポートできることがあったらいいなとぼんやり考えていました。

その中で、自分の原体験を活用したサービスを作れないかなと思い始めたのが起業のきっかけです。

Q. リクルート在籍中からそのアイディアをいつかビジネスにしようと思っていたのですか?

A. リクルート時代も漠然とグローバル×キャリア×教育の軸で何かできないかなという想いは抱いていましたが、具現化は全く考えていませんでした。

というのも夜中から会議が入ったりするような忙しい日々の中で、仕事を辞めて時間を作らないと、自分が本当に何をやりたいのかを考えたり、またやりたいことに費やす時間がないと思ったからです。また退路を取らないと、いつか起業するかなと思いながらも、いつまでも起業をしないかもしれないという思いもありました。

そのためまずはリクルートを退職、それにより起業をする決意がつきました。辞めてから考える中ではじめて、自分の原体験を活かしたことをしようと考えついたのです。

Q. ご自身の原体験を活かしたサービスとはどういったものだったのでしょうか?

A. 私の母は、働きながら私と6歳下の妹の送り迎えをするのが難しかったため、家の近くの大学の学生寮に『娘の送り迎えをやってくれる人募集中』という張り紙を貼ったのです。それからは、毎日様々な国からの留学生のお姉さんたちが私たち姉妹を迎えにきてくれるようになり、自分たちが育った国や環境のことなど、世界のことを教えてくれました。6歳から18歳まで毎日留学生のお姉さんたちと過ごしましたが、私たちにとっては語学を教えてもらったことよりも、幼くして世界には色んな人がいるんだという多様性を体感できたことが非常に良かったと感じています。
そしてこの経験が自分たちの価値観を形成したと思っています。

こういったインスピレーションを日本の子供達にも提供できたらと思い、手軽に気軽に留学をしているような体験を作りたいと思い、今のサービス立案に至りました。

なので私の場合は、起業しよう!とか、これで成功しよう!と思ったというよりは、自分の身近にあったものや自分の価値観を形にしてみたら、気づいたら会社になっていたという感じです。

Q. 「お迎えシスター」で起業しようと思ったきっかけはなんでしたか?

A. お迎えシスターのサービスを始め、自分が先生として4人の生徒を見ている中で、その中の一人のお父様からビジネスについて聞かせて欲しいという連絡があったんです。お会いして、サービス立ち上げの経緯や想いなどを話をしている中で、実はその方がエンジェル投資家で、娘も喜んでいるしビジネスポテンシャルがあると思うから投資をしたいと申し出ていただけました。

当時は投資のこともよくわかっていなかったのですが、お話を受けてすごくワクワクした世界が広がっていくような感覚があったので、この出会いを機に、会社を設立しました。

Q. 起業を目指している高校生から、親に反対されていると言う話もよく聞きますが、会社を設立するにあたり、樋口さんは周りからの反対などありましたか?

A. 当時父はすごい反対をしていました。安定した会社を辞めて起業するのは人生最大のリスクだと言われましたね。そのため、1年の猶予を交渉し、1年経っても形になっていなかったら諦めると言うのと、税理士と弁護士は絶対つけるというのを条件にチャレンジをさせてもらいました。

実際1年で企業としてすごくスケールアップしたわけではありませんでしたが、たくさんの方から応援をしていただけたり、フィードバックをいただけたりと、1年で変化を経ながらやりがいを持って働いている私の姿を見てくれて、今では父親も応援をしてくれるようになっています。

起業に対して親が反対することも多いとは思いますが、昔と違って何千万もの借金を抱えるわけではありません。起業の経験は確実に自分の人生の糧となり、大きな教訓を得られると思っています。

Q. アイディア段階の時にはどういう人に相談していたのでしょうか

A. 私の場合まずはいろんな人に相談をしていました。いろんな人に相談することのメリット・デメリットはあると思います。メリットは様々な視点からフィードバックがもらえること。一方デメリットはいろんな人がいろんなことを言うから、混乱もするし、自分を見失いがちになる。

でも私はそこからが勝負だと思っていて、自分が揺らぎ始めた後に、それでもブレずにこのビジネスをやりたいと思えるか。私はそれを再確認できたことが、すごく良かったと思っています。

自分のアイディアをいろんな人に言いふらすことで、いろんな人がいろんな人を紹介してくれて、つながっていきました。ビジネスが大きくなるまで公開しないケースも多いとは思いますが、私はアイディアを隠さずになるべく多くの人に話した方が得るものが多いと思っています。


Q. トライ&エラーはどのようにやっていったのでしょうか

A. オペレーションからプロダクト開発に至るまで、コンサル出身の知人に助けていただきながら、プロコンを書き出し、検証していきました。例えば先生の交通費を別にするのか、月謝に含めるのか。たったそれだけの違いで、それに伴うバックオフィスの量はすごく変わり、それが運営側のチームの精神面にも大きな影響を及ぼします。

また創業当初は価格帯をもう少し安価で設定していたため、需要も高く、先生が不足してしまう事態となってしまいました。そのため価格帯を見直し、先生にもきちんとお支払いをすることでクオリティの高いサービスを維持できるようになりました。

そういったバランスの調整は創業以来ずっと重ねており、今の体制は3年目以降にようやく確立したものです。

Q. 起業前のターニングポイントはどこでしたか?また振り返ってみて、今だったらやり方を変えるところはありますか?

A. エンジェル投資家の方との出会い、ここから一緒に大きくしていこうと言ってくださったことが私のターニングポイントだったと思います。

今やり直すとしたら、一人ではなく誰かと起業するかもしれません。早くスピーディーに拡大していく、大規模にするというよりは自分の手の届く範囲内でやっていくと言う場合には誰かと起業する必要はないかもしれません。ただ誰かとやった方がクリエイティビティも広がっていくし、メンタル面でも支え合えると思っています。

一人で起業している場合、辛い時に誰かに話して共有できないと、自分のメンタル面を保つのに非常にパワーを要します。フロントからバックオフィスまで全部自分の仕事となると、どこかしらで綻びが出てトラブルシューティングに追われ、負のサイクルに陥ることがあります。そこから抜け出すには一人だと時間がかかりますが、複数人いれば、早く解決できることが往々にありました。


#2 創業そして拡大を目指して ”今がまさにターニングポイント"

#2では、起業後どうやって事業を成長させてきたのか、またマネックスグループ参画を経ての事業拡大の展望を紐解いていきたいと思います。

株式会社Selanとお迎えシスターの紹介

2015年8月創業。
バイリンガル講師による「お迎え」×「英語家庭教師」のお迎えシスターは、2015年の創業以来、「学びをボーダレスに」というミッションのもと、多くのお子様と保護者様と共に歩んできました。2022年11月、マネックスグループへの参画を機に、更なる価値をお届けできるよう、前進していく予定です。

他のangle makers記事

幕張PLAY株式会社 代表取締役 神長尊士さん
#1 起業まで ”2つの「シコウ」が合致することの大切さ”
幕張PLAY株式会社 代表取締役 神長尊士さん
#2 事業拡大 ”一斉に蒔いた種の芽が出始め、相乗効果を生み出し始める”

株式会社Selan 創業者 樋口亜希さん
#2 創業そして拡大を目指して "今がまさにターニングポイント"

株式会社Selan 創業者 樋口亜希さん
#2 創業そして拡大を目指して "今がまさにターニングポイント"